大学受験ランキング

英数理2 大学の特徴15

今回は「九州大学」について書いていきます。

九大医学部医学科といえば国公立大学医学部医学科で唯一面接がなかった大学です。そうです。過去形です。2020年度入試からついに面接試験が入ってきます。

東大理Ⅲが面接を復活させるときに他大学が面接を追加したり、点数化したり、要項の部分に「個別試験の点数に関わらず面接の結果で不合格にする場合もある」と文言を入れたりと変化がありました。その時に九州大学は「志望理由書」を追加しました。

それが今回は面接試験の実施です!

また、2018年度まで理科3科目必要だったのが、2019年度入試から理科2科目で受験可能になりました(物理・化学の縛りはあり)

 

では2次試験の配点見ていきます。英語200点、数学250点、理科250点、面接は点数化はされません。

 

英語は120分で大問5題です。長文読解が3題で和文英訳1題、自由英作1題に大体なっていて、長文の1つはエッセイや小説が出てきます。一部英問英答の問題があります。

 

数学は150分で大問5題です。各大問2〜4問の小問があり、誘導形式であること多いです。

出題頻度が高い分野は、微積分(数学III)、ベクトル、確率。このうち微積分とベクトルは比較的平易な問題が多く、取りこぼしできない。ただ、微積分に関しては最後の積分数値計算が煩雑なことが多く、諦めずに最後まで頑張りましょう!確率は、設定が複雑な問題がよく出題されるが、過去問をしっかりやっておけば十分対策になる。

 

物理は大問が3題である。大問1は力学、大問2は電磁気が出題される。大問3は波動、熱力学、原子物理のいずれかが出題される。 問題文が長いことが多く、慣れてないと面喰らうかもしれません。問題文は長いですがヒントが隠れていることが多いので読み落さないよう!

 

化学は大問は5つで、1〜3が理論・無機、4が有機、5が高分子。理論で特徴的なのが、化合物の電子式を聞くことが多い点である。代表的な化合物の電子式については書けるようにしておきたい。

 

面接は今年初めてなので、オーソドックスな質問になると思いますので最低限の志望理由などはしっかり考えておきましょう!

 

以上!ではまた次回!